大石 耕三
大石 耕三 大石 耕三

入社した理由

入社した理由 入社した理由

直接メールを送ってアプローチ

以前、新卒で就職したのも群馬県のパチンコ店だったんです。それから再度大学に入って学び、卒業して2008年に当社に入社。決め手はとてもシンプルで、楽しそうな会社だと思ったからです。コタローというキャラクターを使った宣伝方法も一味違っていたので注目していました。そこで、自分から直接「会っていただけませんか」というメールを送り、アプローチしたのが入社のきっかけです。

現在の仕事について

責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増 責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増

現場を支える縁の下の力持ち

入社してからは、三条市内と長岡市内の2店舗を経験しました。その後、縁があり元々希望していた総務部へ異動になりました。総務や経理といった事務仕事が主ですが、基本的になんでもやります(笑)。直接お客さまと相対することはないものの、現場のスタッフをサポートするのが私たちの大事な仕事。今後は本部全体の仕事をしっかりと把握し、さらに自分が活躍できるエリアを広げていけたらと思っています。

成長を感じた瞬間

頼る立場から、頼られる立場へ 頼る立場から、頼られる立場へ

"分かること"が増える喜びがやりがいに

本部の仕事の中でも、経理はまったく経験がない上に専門的な知識が必要なので、今も日々勉強中です。分からないことをそのつど税理士さんに質問していくうちに、少しずつ理解できることが増えてきました。また理系出身なので、物事を順序立てて考えるのは元々得意。たくさんの仕事を整理し、効率よく処理していかなければならない中で、その特性は役立っているようです。

今だから言える私の失敗談

1日ごとに区切りがつくホールの仕事とは違って、日々の仕事が切れ目なく連なっているのが事務仕事の特徴。例えば小さな失敗が、その1年後に返ってくることだってあります。そのためにも分からないことはその場で確認し、ちゃんと理解して進めることが大切だと思っています。今は自分のことで精一杯ですが、早く本部全体を見ながら仕事ができるようになりたいですね。

学生の皆さんへ応援メッセージ

会社は一生のパートナー。最初から100%理想じゃなくても、入社後にどれだけその仕事を好きになるか、自分の会社に誇りを持てるかが重要です。