石田 光
努力が報われ、良いタイミングで夢のポストに。その成功体験を後輩にも味わってほしい 努力が報われ、良いタイミングで夢のポストに。その成功体験を後輩にも味わってほしい

入社した理由

入社した理由

自分の力を試せるフィールドに出会った。

正直、全力で頑張ることのできる場所ならどんな企業でもいいと思っていました。だから当社の人事担当者の話を聞いて「ここは自分の力を試せるフィールドだ」と思えたこと、そして内定を一番最初にもらったことにも運命を感じ、入社を決めました。また、若手社員でも努力次第でやりがいのある仕事を任されているという、具体的なキャリアアップの見本があったことも決め手です。入社当時から一貫して、目標は「店長になること」でした。

現在の仕事について

責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増

人・モノ・お金・情報をトータル管理。

店長の役割は「社長の代わりに店を運営すること」と考え、人、モノ、お金、情報のトータル管理を担っています。私が以前店長を務めていた店舗は、ヴィームスタジアムで唯一のスロット専門店でした。比較的若いお客様が中心なので、アプリやインターネットのサイト管理も大切な仕事に加わりました。ほかにも、スタッフと月に1度面談して接客向上に努め、設備不良がないよう毎朝店内を点検するなど、良い店舗づくりへとつながることには、どの店舗で店長を任されても積極的に取り組んでいます。

成長を感じた瞬間

頼る立場から、頼られる立場へ

スタッフの失敗も自分に置き換えて原因究明。

店長になってから、さらに責任感が強くなりました。部下のどんな小さな失敗でも自分のことに置き換えて「そのトラブルを回避するにはどうすればよかったか」を考え、原因を究明した上で次に生かすようにしています。また問題に直面したとき、以前より多角的に考えられるようになりました。「解決策は決してひとつではない」と経験をもって知ることで、失敗しても即座に修正できるようになりましたね。

今だから言える私の失敗談

失敗事例もメモに残して今後に生かす。

店の管理が行き届かず、お客様や上司から指摘を受けたことがあります。そのときに、自分の視点だけで考えるのではなく、様々な角度から物事を見る大切さを学びました。問題点は何だったか、いかに行動すべきだったのか、できるだけ柔軟な頭で考えるようにしています。また、良いことも悪いことも必ずメモに残し、それを読み返すことでそのときの状況や感情なども含めて思い起こし、同じ失敗はしないよう心がけています。

学生の皆さんへ応援メッセージ

成長のカギは、頑張る覚悟。

仕事は楽しく愉快なだけではありません。時には大変なことも苦労もあると思います。だからこそ、社会人になったら「頑張る覚悟」が必要なのです。本当の楽しさを手にするためには、本気で仕事に取り組むことが大切です。つらくても辛抱して淡々と努力することで、未来につながる何かが育まれるでしょう。まずは、人よりちょっと多めに頑張ってみてください。その姿を見守り、評価してくれる人は必ずいるはずですよ。