田中 榛乃
教わる立場から教える立場へ。責任感がぐっと増して成長できました。 教わる立場から教える立場へ。責任感がぐっと増して成長できました。

入社した理由

入社した理由

必要とされていることを実感して志望

初めから接客業を中心に就職活動していたところ、縁あって当社に巡り合いました。まず、親身になって対応してくれた人事担当者の人柄に惚れたこと、そして熱心に説明会などに誘っていただいたので「自分は必要とされている」と素直に思うことができたのが志望の決め手となりました。また店舗を見学した際、先輩社員の方々から話を聞いたり、その働く姿を見たりして、私もこの人たちと一緒に働きたいと思ったのも理由の一つです。

現在の仕事について

責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増

こだわりは清潔で快適な遊技空間づくり。

玉の上げ下げや交換、遊技台のトラブル対応など、主な仕事はホール内での接客です。最も心がけているのはクリンネス。つまり遊技台回りの清掃です。遊技台が空いたら速やかに掃除し、清潔な状態になるようして、次に遊技されるお客様が快適に遊技できるよう気を配ります。また、ホールだけではなく、カウンター業務を任されることもあります。カウンターは、お客様が最後に立ち寄る場所。それだけに、お店の印象を左右する責任ある場所です。お客様に「また来たい」と思っていただけるよう、常に笑顔を忘れず、丁寧な対応に努めています。

成長を感じた瞬間

頼る立場から、頼られる立場へ

頼られる存在となって成長を実感。

後輩が入社し、教わる立場から教える立場に。頼られる存在となったことで責任感が増しました。また以前、自分の苦手分野を新たな仕事として任され、不安とプレッシャーを感じて悩んだ時期があります。上司に相談したところ「人には向き不向きがある。自分のできることから一つひとつやっていけばいいんだよ」とアドバイスされ、まずは目の前のことに精一杯取り組もうと決心しました。その経験も成長への足がかりになっています。

今だから言える私の失敗談

丁寧な業務を心がけ確認&復唱が必須。

まだカウンター業務に慣れていない頃、お客様が会員カードに貯めている玉を全て景品に交換してしまったことがあります。大きな金額だったので対応にも時間がかかり、お客様に大変お叱りを受けました。上司がフォローしてくれましたが、私にとっては忘れられない失敗体験に。以来、二度と同じミスはしないよう心がけ、復唱と確認を怠らないようにしています。

学生の皆さんへ応援メッセージ

視野を広げれば必ず「良縁」が見つかる!

就職活動期間は、不安やプレッシャーを感じたり、大変なことに直面したり、心が折れそうなこともあると思います。でも、そんなときほど多くの企業の説明会に参加してみてください。それだけで今より視野が広がるし、中には必ず良いご縁があるはずです。そして「ここで働きたい!」と一度決めたら、とことん自分をアピールして理解してもらいましょう。いつかきっと、あなたを必要としてくれる企業と縁が結べるはずですよ。