小林 美貴子
統率力のある頼もしい女性役職者が目標。接客でも良い手本となるよう努めます。 統率力のある頼もしい女性役職者が目標。接客でも良い手本となるよう努めます。

入社した理由

入社した理由

人事担当者の親身な対応が決め手に。

元々、接客業に就きたいと思っていました。この仕事はカウンター越しの距離感だけでなく、もっと近い場所でお客様と接することができるので、そこに魅力を感じて志望しました。また同性の人事担当者が、就職活動についてのアドバイスはもちろん、個人的な悩みを聞いて親身に対応してくれたことも大きな決め手に。そこにきめ細やかで温かな社風を感じて、この会社に入りたいと強く思いました。

現在の仕事について

責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増

ホールリーダーとして後輩の指導にも注力。

班長は言わばホール内の司令塔。自らも接客を行いながら、社員やアルバイトスタッフの動向を見て的確な指示を出すのが仕事です。そのために心がけているのは細かな目配り。忙しいエリアにはしっかりと接客できるスタッフを配し、入社したての社員にはさまざまな場所で少しずつ経験を積ませるなど、常に最良な状態を考えながら采配を行っています。また自分も後輩の良い手本となれるよう、緊張感をもって仕事に臨んでいます。

成長を感じた瞬間

頼る立場から、頼られる立場へ

言葉ではなく行動で信頼を得たときに実感。

班長になると同時に今の店舗に配属されたため、当初、既存のスタッフとはお互いの仕事ぶりがうまくつかめず、後輩たちは何か起きると男性役職者に対処を依頼することがほとんどでした。でもホールの段取りを行ったり機械のトラブルに対応している私の姿を見て、最近では困ったときに頼ってくれるようになったんです。言葉ではなく行動で示して信頼を得たことに、自分の成長を感じることができました。

今だから言える私の失敗談

忙しいときほど落ち着いた行動を、と反省。

お客様の玉を大箱ごとバシャーンとこぼしてしまったことがあります。一瞬にして頭が真っ白になりましたが、お客様には誠心誠意で謝罪し、ひたすら散らばった玉を拾い続けました。幸い常連のお客様で優しく許してくださったのですが、全て自分の不注意で引き起こしてしまったことなので反省しきり。ホール業務についているときは、どんなに忙しくても落ち着いて行動しなければならないと改めて思った出来事です。

学生の皆さんへ応援メッセージ

新卒という一度きりの機会を意義あるものに。

新卒という一度きりの貴重な機会を有意義なものにしてほしいと願います。就職活動は自分と向き合ういいチャンス。どういう職に就きたいのか、その気持ちは本当か、と突き詰めて考え答えを出すことで、満足のいく結果につながるのではないでしょうか。こだわりはあったほうが、入社してから楽しく働くことができると思いますよ。また、人事担当者の対応は会社全体の雰囲気を表しているので、そこに注目してみるのもオススメです。