長谷川 諒
かつてお客様の立場で体感した、心地よいサービス。接客を提供する側になった今、その奥深さを実感。 かつてお客様の立場で体感した、心地よいサービス。接客を提供する側になった今、その奥深さを実感。

入社した理由

入社した理由

特に好感が持てる接客サービスを提供する業界へ

元々、接客ができる仕事に興味を持っていました。じっと座っているよりも、体を動かしている方が自分の性格には合っているんじゃないかと思ったのがきっかけです。日常生活の中で、接客を受ける場面はたくさんあります。中でも特に共感できる接客サービスを提供してくれるのはどこだろう…?そう考えた時、心に浮かんだのがこの業界でした。私にとって、最も快適で楽しく過ごせる場所の1つが、パチンコ店だったんです。

現在の仕事について

責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増
  •  

接客の奥深さとやりがいを実感できる仕事

ホールスタッフとして働いています。接客がしたくて選んだ仕事ですが、その奥深さを実感しているところです。玉の上げ下げや交換、灰皿の掃除、遊技台回りのクリンネスなど、ホールスタッフの仕事は多岐に渡ります。お客様に快適な時間を過ごしていただくためには、様々な部分に気を配ることが必要。そして、気付いたらすぐ行動に移すことが大切です。体を動かすことが得意な私にとって、長所を活かせる仕事だと言えますね。

成長を感じた瞬間

頼る立場から、頼られる立場へ

お客様のご要望や上司の想いに応えられた時

予期せぬトラブルを解決できた時、成長を感じますね。当社では上司の仕事ぶりを見ながら、トラブル対応法を1つひとつ身につけていくのが基本。ですが、お客様にとっては上司も部下も関係ありません。何とかしてお役に立ちたいと試行錯誤し、経験のないトラブルを1人で解決できた時には、何とも言えない達成感があります。そんな私の姿勢を評価した上司から新しい仕事を任されると、さらに大きな喜びを感じますね。期待に応えたいなと思います。

今だから言える私の失敗談

失敗は乗り越え、なくしていくもの

特にありません。…なんて言うと驚かれてしまうかもしれませんね。ですが、過去の失敗についてこの場で語ろうとは思いません。もちろん人間ですから、小さな失敗はあります。大切なのは、同じ失敗をしないためにどうしたら良いかを考え、実行することです。その繰り返しの中で、失敗の数は徐々に減っていくものだと思っています。

学生の皆さんへ応援メッセージ

お客様の近くで接する仕事がしたいなら

お客様と接する仕事に興味をお持ちの学生の皆さん、ぜひヴィームスタジアムへお越しください!ホール全体に視野を広げつつ、お客様と身近に接することができる、やりがいある仕事が待っています。店長や本部の幹部社員も皆、ホールでの接客業務からスタートしています。ここで学び、経験することは全ての基本。これから社会に出てキャリアを積んでいく皆さんも、その大切さ・奥深さを実感できる瞬間がたくさんあると思いますよ。