藤田 智也
通勤の40分は振り返り&反省タイム。ミスの原因を探り、今後に生かしてスキルアップ! 通勤の40分は振り返り&反省タイム。ミスの原因を探り、今後に生かしてスキルアップ!

入社した理由

入社した理由

遊技する側として利用したときのサービスが印象的でした

学生時代、帰省したときによくヴィームの店舗を利用していました。その際、「灰皿をお拭きしましょうか」と絶妙なタイミングでサービスしてもらったことがとても印象的だったんです。加えて、元々飲食店でアルバイトをしていて接客業に興味があったこと、パチンコやスロットでの遊技が好きだったことなどが決め手となり、当社を志望しました。人と話すことが好きなので、今もお客様と会話することが一番の楽しみです。

現在の仕事について

責任ある仕事も加わり、やりがいも倍増
  •  

ホールでの接客とトラブル対応が業務の中心。

ホールで接客をするのが私の仕事です。玉の上げ下げや交換、灰皿の掃除など、遊技台回りのクリンネスにも気を配っています。また機械のトラブルに対応するのも大切な仕事の一つ。その際に心がけているのは、なるべくお客様をお待たせしないことです。例えば5分でも、待つときのお客様の体感は、自分で感じているより長いものだと思うので、できるかぎり速やかに対応したいと思っています。

成長を感じた瞬間

頼る立場から、頼られる立場へ

店長のビジョンを実現する役割に。

以前は対応できなかったトラブルをひとりで解決できたとき、少しですが成長を感じました。最初は上司の指示を待って動くだけでしたが、最近は接客や経営の本を読み、自分なりに勉強しています。いつも念頭に置いておきたいのは、店舗づくりにおける店長の考え方です。なぜなら、店長が考えたことを現場で行うのが、ホールを預かっている私たちだと思うから。それをきちんと把握して動くことのできるスタッフでありたいと思っています。

今だから言える私の失敗談

通勤時に失敗を振り返り反省。

小さな失敗は毎日のようにあります。「あのときもう少し違う接客をしていたら」と悔しい思いをすることも度々ですが、何より大切なのはそれを次につなげることだと思います。そのためにも振り返る時間は必要なので、通勤の時間をそれに当て、「もっとこうするべきだったのでは?」と改めて考え反省しています。ミスは仕方ありませんが、大切なのは原因を探り、同じ間違いをしないよう努めることだと思っています。

学生の皆さんへ応援メッセージ

就活は「好きなこと」を見つけるチャンス。

例えば「接客業」といっても様々なジャンルがあり、調べてみなければ分からないことだらけです。だからまずは思いついた考えをどんどん書きとめ、自分の「好き」を見つけてください。それを元に掘り下げると、また分かってくることがあると思います。就活は、自分の好きなことを見つける期間。周囲に振り回されず、でもなるべく気楽に、興味のあるほうへと向かってみましょう。